上海 deepbreath

家族3人上海暮らし。

オートロック、オートにロック。


 

新居はオートロックマンション。


やってしまった、鍵忘れ!

 

幼稚園のお迎えに行き「あ!」

今日はたまたま不動産屋さんと修理屋さんが来る予定の日。

開けてくれる鍵屋さんを、みんなで待つ。

「すみません・・・」

鍵屋さんが一瞬で鍵をあけてくれた時には、思わずみんなの歓声と拍手が!!

 

ようやく家へ。 

「く、くっさ!おならした?」

「僕じゃないよ‥」

家中が異常な臭い!

あれ?家中の窓が全開。誰かが換気しているのかな?

「それにしても臭い!臭すぎる!!」

作業がおわり、みんなが帰ったあと 不動産屋さんからの伝言メッセージが。 

 

「実は謝らなければいけないことが1つあります。 

(シリアスな口調に、緊張がはしる)今日の業者さんなんですが、この方、実は物凄く足が臭くて。お宅に上がる前に、足に袋を着けさせるべきでした。しっかり換気し、床を拭くなどしてください」



そういえば靴の上から袋かぶせてたひといたな。あのひとか!  




息子は臭いに耐えきれず、リュックも背負ったまま洗面所で息を潜めていた。

 

 

 

f:id:taekota1027:20171115151450j:image 

 

 

 

「やたら複雑な開け方やな〜このうちの鍵・・・!」

毎回ガチャガチャ何回も回しながら時間をかけて開けていた玄関のカギ。

「お父さん、そうやってなかったよ」あるひ息子に言われ、夫に聞いた。

「え!そんな簡単に開くの!」1ヶ月しらなかったよ!


夫も「そんな開け方があるのか」と、逆にびっくり。



字をおぼえたての息子との交換日記が面白すぎる。

息子が最近しった言葉は"アイシングクッキー"

わたしも知ったばかりのそんな単語、どこで仕入れてくるんやろ。



 寝るときに息子にキス。

「は〜ままの唇は〜やわらかくってぇ〜優しいきもちが伝わってくるよぉ〜」

家ではいつもこんなキャラやけど、外では全然ちがう。

典型的ツンデレ。


 「生まれ変わったら、ぼくたち結婚しようよ。幼稚園で友達になって、大人になったら結婚申し込むから」



そしてときどき、

「先に生まれたお父さんとお母さんが先に死んじゃうなら一緒のときに生まれたかった」と泣く息子。

 

そんなの言ったことすっかり忘れて好きな子とイチャイチャする日がすぐくるんだろう。

 


 「グラグラしたときはなんかにつかまらないと、落ちるよ」


 不安定なところに立つ息子に注意。

小さなぬいぐるみをつかみ、脇に抱えた。

  

こんな時期があったんだってこと、覚えておきたい。

 

 

 

 

はてなさんお世話になりありがとうございました。

次回からは、こちらでブログを書きます。

上海で家族仲良くゆかいに暮らす●上海ディープブレス●

 

 


年中クリスマスの飾り付けを外さない上海に、クリスマスが近づいてきた。



 

 

 


 

専業主婦だけどマメじゃない

 

「全然わたしまめじゃない」 なのに、

「専業主婦だし」「家事はキッチリしなきゃ」「楽しまなきゃ」と言い聞かせて努力していた。

 トイレ掃除と裁縫と気が向いたときの料理は大好き! 

1人で何でもかかえようと頑張って、頑張っていた頃より、今がしあわせ〜。

 

夫に「面倒くさがり」はもう隠さない。

実はもう前からバレていたりして?!

 

上海に来てからは、お金の管理も夫がしている。

 

そもそもマメで管理能力あるのは夫。

口座残高が少なくなったら言う。

 「お金ちょーだーい!」

 



「中国メーカーの炊飯器」

普通にごはんは炊けるけど、予約ができない。

「さぁお弁当用におにぎりを作ろう」と朝ふたを開けると、

ごはんがなぞにベショベショ。ほんでところどころカチカチ。

 

朝ねぼけてスイッチを押していたのは"炊飯"ではなく"保温"

生米を保温していた!

 

予約ができる炊飯器、買おう。

 

  

先週はメンテナンスのため一日断水。

昨日は夜から朝までガスがつかえなかった。

しょうがないんだろうけど、相当不便。

だけど復旧したら、「普段どれだけありがたいか」をつくづく感じる!

  


 


育児も苦手。 

こどもだけじゃなく、

「だれかとずっと一緒にいること」がきっと苦手。 

  


「クーイズクイズ♪"お"から始まる、ぼくのおんなはだあれ?」

ん? だれ?

「"おかあさん" だよっ」



息子が好きなドラえもんを毎日見ている。

32歳、毎日ドラえもん。



食洗機を思い切って購入。

自分のかわりに洗ってくれている様子を、毎回嬉しい気持ちでながめている。

 


 


 

 

トイレ掃除だいすきおじさん

 

新居での生活がはじまり1週間。

どんなに気にいった家でも不具合はある。これき中国では当たり前。

今回修理に来てくれたのは、片言の日本語も話せる優しいそうなおじちゃん。

 

簡単にトイレ修理を終えた後は、 おじちゃんの「トイレお掃除講座」

相当トイレ掃除が好きなおじちゃん、お風呂に入るときは外したトイレの部品と一緒に入るそう。「トイレは僕がピカピカにするよ」 

ニコニコ顔で愛おしいそうに、トイレ掃除をしてくれるおじさん。

 

そのあと「手を洗ってください」と言っても、そのまま別の修理に移るおじさん。

ウェットティッシュを持って追いかけて、おじさんが触った箇所を拭いていく。 

結局手はあらわず、ニコニコ顔で帰っていった。

 

新居にはインターホンがない。

「ドンドンドンドン!!¥@“¥)(;&!(!!」

何かを叫びながらドアをノックされる度、取り立てから逃げている気分でコワイ!

 

なので、ピンポンをつけてもらって、夜逃げ気分からやっと脱出。

 


今回引っ越しで不動産屋さんをかえたんだけど、

「今までの苦労はなんだったんだ!」ってくらい、対応が素晴らしいの!! 

でも最初からここしか知らなかったら、これが普通に思ってたかもしれん。

そこは前の不動産屋さんのおかげだなぁ。

 

そうそう、関西と上海って雰囲気似てるよね!特におばちゃん。

だから私もすぐ上海に慣れたんかな〜

 

 

カフェでボーっとして、ボーっとしたまま外に出る。

 

「ちょっとちょっと〜 !」

ん?なに?

「まだお金払ってないよ!」慣れすぎにも注意。

 

 f:id:taekota1027:20170423163317j:image

中国では必須「トイレのラバーカップ」雑貨屋さんでは一番目につく場所に置いてあるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚記念日

 

日本にいたころ、夫が飲み会の日、うっかり玄関のチェーンをかけて寝てしまったことがある。


夜中に気がつき、あわてて夫に連絡したらカラオケにいた夫。

 「ごめん!!!!!」

ひたすら謝る私に、

「カラオケ、ちょうど行きたかったし♪」一言も責めない夫。

今も昔も優しい。

 


夫に思っている事も言えるようになってきた。

だから、

「不満がたまって爆発!」がない。

これもきっと夫の懐の深さのおかげ。

素直になることは息子からおしえてもらっている。

 

私が泣いていたら、よしよしして、

「泣きたいときは泣いたら良いんだよ」と、ティッシュ持って来てくれる息子。


最近、ますますしっかりした顔つきになってきた。

 


3人でしりとり。

順番を待っているあいだにすぐ寝てしまう夫。

しりとりやのに、歌や物語が始まる息子。

わたしの番はなかなかまわってこない。



 

引っ越し後、息子は幼稚園初登園。

「本当にバス停こっちなのー?合ってるの?違うんじゃない?」心配そうな息子。



「私だって心配だけど、お父さんに聞いたから大丈夫!!」

マンションの出入り口の操作がわからず、まごつく私。 

「お母さん、そんなこともわからないの〜」



プッチ〜ん



「うっせぇんだよ!お母さんも緊張しているんだよ!分からないから必死なんだよ!

仲間は助けたり、励ましたりするんじゃないのか?あんたは仲間を嫌な気持ちや悲しい気持ちにするのか」

家族を"仲間"と思っているんや、私。いいながら気がつく。

 

けんかしたまま行っちゃったけど、帰りは仲良く手を繋いで帰ってきましたとさ☆

 

 

 

明日引っ越すというのに(´・ω・`)

 


 


"普通のこみたいになりたい "

"アトピーじゃない普通の人になりたい" 

"こんな自分なんて大嫌い!"と泣く

 私もコンプレックスのかたまりだったし、

受け入れられるようになったのだって、最近だもんね。気長にいこうね♪

 


今年息子がサンタさんに希望しているものはドラえもんのスペアポケット。

私もほしい。

 

そうそう、ドラえもんやまるちゃん、セーラームーン。日本のキャラものって中国では大人子どももみんなに大人気。グッツをよくみかけるよ。



息子の幼稚園の個人懇談。

"マイペース""話を集中して聞かない"

あぁ耳が痛い。


私の特性そのまま。

「先生ごめんね、ありがとう」

 

息子が幼稚園からかえって、他の子達と遊んでいる様子を見るのがうれしい♡


でも待っている間、ほかのお母さんたちと、世間話をするのがあいかわらず苦手・・・

 気を使って疲れるので、輪から抜けてふらふらする。

「遊ぶ息子をみながら座っておける個室ないかな〜」 

 

1か月以上前にタオバオで買って、とどいていなかった商品がなぜか今日届く。

配達員さんが違うところに届けてしまっていたのがわかり、再配達してくれたそう。

引っ越し前日の奇跡!

 

 

明日には引っ越すというのに、あまりに何もしていない。

呑気すぎる私をみて、友人があせっていた。


 

引っ越し日当日。

困ったことに朝から突然の生理。

頑張ろうにもちょいちょい小休止しなきゃ、やってられない。


「引っ越し業者さんや夫にほとんど任せよう」と決心し、無理しなかった。 

そしたらキビキビテキパキ動いてくれる夫や引っ越し屋さんに感動。 


「自分でなんでもやらな!」って、無理して動きまくっていたら、周りの人や自分にイラついていたかも。

  

「引っ越しの日、息子を預かろうか?」って言ってくれる友人や、

「このマンションで私と出会えてよかった」って言ってくれる友人。ありがたいしかない。


新居には初めての"日本語テレビ"

いろんなチャンネルが見放題、おまけに過去の分も見られるらしい。

寒くて空気の悪い冬には、こもって過ごせるね 〜!

 

 

翌日。夫は仕事をしてから飲み会へ。

帰ってきたらカギの不具合で家に入れず、外で時間をつぶす。

 

やっと家に入れたら夫のベットのマットレスは逆向きだったそうで、

硬い硬い板。

流石の夫もお疲れ気味。


 

今回の物件の決め手は

「トイレと風呂 」

 

きたばっかりのころ、トイレが毎日のようにつまり、トイレのたび憂鬱だった。

おかげで今は大抵の詰まりなら自力で直せるようになった。

息子は未だにトラウマになっているよう。



風呂も重視した。

中国人は湯に浸かる習慣がないらしく、バスタブがある家自体が少なかった。なので、他はよくてもバスタブがないところは選ばなかった。



 

渡るだけで死を感じた横断歩道も今はすっかり慣れ、

道路に落ちている「きたないもの」にはモザイクをかけられるようになった。「上海だいきらい!」な息子は「上海も日本もだいすき!」に。

 

夫が上海赴任を開始し1年。


住みやすい上海とはいえ、ここは異国。異国で働くのは大変だろうに、ときには「ゲーゲー」しながらも、生き生きと働く夫!

 


 

 

 


 


 

 

 

 

 

ハロウィーンパーティー行きたくない!

 


カエルの衣装でごきげんに参加予定だった幼稚園のハロウィン。

「お友達にカエルでいくんだ♪といったら笑われた」と、あるひ泣いて帰宅。

かわりに購入した「パイレーツ」

「なに?だれ?」

「なんで目に布つけるの?」



当日。


「ハロウィン大嫌い!こんな格好で外行きたくない!」息子が泣き出した。

「ジャンパー着たら赤いズボンしか見えへんで。赤いズボンの人なら中国にはいっぱいおるで」 そう言い聞かせ、なんとかマンションのバス停まで。

 

そこには本気のコスプレルックの大人がいっぱい!

安心した息子、無事にバスで幼稚園へ。

帰りは沢山のおやつとニコニコ顔で帰宅。


最近幼稚園で「ゴジオンゲーム」をやっているという息子。

どんなゲームかと思ったら正しくは「五十音ゲーム」

「違うよゴジオンだよ!」と、信じてくれない。

 


 

先日の33歳の誕生日。

風邪で幼稚園お休みした息子は、

 「大人になったら何か買ってあげるからね」と本を読んでくれた。


熱で朦朧としながら、

「お母さんが鍋の火消してるか気になる」とふらふら確認してからベットにもどる。

どうかゆっくり休んでください。


 

「お母さん"服が小さくなった"って言うけど、本当には服は小さくなってなくて、僕が大きくなったってことなんだよね?」


たしかに!

その言葉の不思議に気づいた、あなたはすごいよ。

 

  

良いお家が見つかったので、ひっ越しします!

 

 


 

 

 

上海にきて、よかった。

  

 

寒いし空気悪いしあちこち臭いし、冬は家にいる時間が増える。 


家に1人でいると「鍵っ子だったころ」を思い出して寂しくなることに気づき、あの頃の自分に話しかけた。


「ゴメンね」

「ありがとう」

「偉いね」

「大好きだよ 」


やさしく。

そしたら、何かが消化できたようにふわっと軽くなった。


それからはお家ですごすのが大好きに♡

 

 

 

上海にきて、家族と向き合うことも自分と向き合うことが増えた。

我慢をためて、遠慮しながら気をつかいながら暮らすことができなくなった。

だから本音で話しをする。

そしたら、信頼と感謝がどんどん増えた。

上海に来て、よかった。


入ってくる情報が少ないのもいい。

テレビ、雑誌、新聞、ネット、まちの看板。

日本に暮らしていると、ときには情報が多すぎる。

すくないくらいが案外心地良い。


 

アプリで空気汚染指数みて、マスクもしっかりつけていたけど、

今はなんにもやらなくなった。


「いつ調べても空気悪いし、マスク暑いし!」 



エレベーターに乗って、よく行き先を押し忘れる。 

「何階いくの?」と聞いてくれる親切な中国の人達。

中国でも人に世話になることが多い。ありがたいよ。


スタバで、かばんから牛乳パックだして、席でオリジナルラテ作っているおじさんを発見!

 

  

「お父さん慌てん坊やな〜」

忘れ物をした夫に言うわたし。

「え、何?かくれんぼう? 」

「違うよ。慌てん坊」

「お母さんが慌てん坊じゃん! 」

 


 

 

 


 

タクシー運転手にナンパされる

「わはは!」夢をみて自分の笑い声で目が覚めた、 そんな朝。

1人でタクシーにのった。ちょっと顔は怖いけど、人が良さそうなおっちゃん。

「しゃべりにくいから」と、後部座席にいた私を助手席に誘う。

それもそうかと助手席へ移動。

めちゃくちゃ中国語だけど、なんとか会話がなりたつので嬉しい。

 

そのうち・・・

「上海の男はどうだ、優しぞ」だの「友達になってくれ」だのアピールが始まる。

え、そっち系?!

「用事が終わったら迎えにくるし、この後遊ぼう」

「今日がむりなら明日は?!」 

 

密室だし相手に主導権がある車は怖すぎる。その場は穏便にし、目的地までついたらダッシュで逃げる。

目的地につくまでの時間は果てしなく思えた。

1人タクシーは気をつけよう。


 

あるひはバスに乗っていると、

バスの前に仁王立ちになり、バス停じゃないところでバスに乗りたがるおばちゃん。

そう。古いドラマの武田鉄矢のように。

「バス運転手、無視」

「乗せろ!」窓の外から怒鳴るおばちゃん。

「バス運転手、無視」

プンプン睨みつけて、去っていくおばちゃん。 

「バス運転手、勝利」



 

中国で映画館デビュー。あらすじ見ずに、決めちゃった映画は「スパイ・アクション」

ドンパチ映画は苦手やのに・・・おまけに3Dやからやたら迫力がすごい。 

我慢して、目薄めて見てたけど、だんだん観られへんくらい怖くなってきた。

思い切って途中退出。 こんどからは内容しらべてから来よう。 

「あー怖かった !」




 街なかで肉まんの匂いかいだら、大阪の551を思い出した。大阪が懐かしくなった。

 


待ち合わせをしていた友人がマンションの警備室から、強面の警備員さんと笑いながら出てきた。

「暑いから涼んでいきな〜っていってもらって涼んでた〜!」

一緒に写真も撮って、遊んでいたらしい。コミニケーション力、すご〜!


 

 


 

きにするな!だいじょうぶ!

 


 

複雑な照明器具の電球を交換するためきた修理屋さん。


細ーい椅子と椅子をくみあわせ始めた。はしごをわすれたらしい。

椅子が危なっかしいので息子と支える。

顔面に照明をあび続けて、あせびちょな彼。こっちにむかって何かを言っている。

「でもごめん!なんて言っているかまったくわからない!」

ゆっくりそろ〜っと、下に降りてきて電気を消しにいった。

「あ、熱かったんだ ごめんね!」

 

彼の開けっ放しのリュックの隙間から、チラリと見えた「イルカのDVD」

仕事はやる気が無いけど、わるいひとではない。 

 

f:id:taekota1027:20170712232617j:image


 

別の日は、朝からガスコンロが故障。

いつもの人がきて、錆び落としスプレーを撒く。もちろんコンロは直らない。

「2このうち1こはコンロ使えるから大丈夫!」

「気にしなくていい!」

日本人は細かいこと気にするね!という顔で。 

「あと1カ月で引っ越しできる!」と自分に言い聞かせる。

 


不注意で、道ですっころんだ。

見ていた人たちが駆け寄ってきて、荷物を拾ったり心配したりしてくれた。

中国のひともやさしい・・!

 



 

バスの車内で、突然男性に怒鳴るおばちゃん。 

「あ''ーあんたそれならこのバス停で降りなきゃ!えぃ運転手さーん!

この人ここでおりるよードア開けてー!」

無事に男性が降りた後「ここで待ってればそこにいくバスがくるからねー!&#/_@&#/!! 」

発車してからも、窓の外にいる男性に喋りかけ続ける。エネルギー満点おばちゃん。 

「怒ってる?」と思ったら、ただの親切。これよくある。

  

  

 

トイレの個室で電話する人、スピーカーホンで話す人、掃除のおばちゃんたち。

中国はトイレも、にぎやか。

  



友人に手相をみせたら「集団行動苦手?」と聞かれた。

3本ある横線の下2本の間が離れていると、個人行動大好き人間らしい。

思いっきり離れてるわ。もし離れてなくても「集団行動苦手すぎ」

 

 

f:id:taekota1027:20171010040038j:image

"おとうさんあしたかえってくる"と大きく自分の手帳に書く息子。うれしいね! やっと会えるね。

息子号泣 ふたり旅。

 

上海で息子とお留守番の連休。

「せっかくだし」と息子と上海市内観光へ

 

"カーズ"のイベントがやっているとききやってきたショッピングモール。

「やっていなかったね、ごめんね」

アップルストアストアへ。

 

ポジティブで、楽しい事をみつけるがうまい息子。

カーズのイベントにいけなくても、お昼食べ損ねても、雨で濡れて寒くても、めげない。

どんなときも楽しみやラッキーを見つけ、明るい。 

でもね、悲しくていっぱいなくときもある。

 

雨に濡れながらやっとホテルに着いた。

まわりにごはん屋さんもないし、デリバリーでカレーを注文。

デリバリーは雨のため大分遅れて到着。開けてみると、カレー2人分にたいし、お箸が1膳。

 

腹ペコで寒くて疲れてるのわたし。通じない中国語をつかいスプーンを借りにいく余力はゼロ。

「そうだ!」

箸を2つに折って短い箸×2にした。 

短すぎて、食べられへん

 

ここで息子号泣!!

慌てたわたし、白いズボンにカレーをこぼす。

手も服もカレーだらけになりながら、なんとかふたりとも食べ終わりホッと一安心。 

ホテルが予約できてた事が、何よりの救い。



無事に自宅に戻り、翌日。

平和にゲーセンへ

するとわたし、うっかりコイン落としゲームにはまる。

"あと少しコインいれたらいっぱい取れるから!"と息子にとめられながら、

次々コインをつぎ込む。

"お父さんいっぱいコイン取ったるからな!"

 

お父さんが乗り移ってる!

 

わたしはギャンブルには手を出さないほうが良いということが分かった。

 

 

息子にクイズを出した。

「バナナを一本買いました。大根を一本買いました。漫画を一冊買いました。

全部で買ったものはいくつ?」

3つ!僕もやりたい!

「歯に肉がつまりました。それは何肉でしょうか?」

天才!!

 


 むすことお留守番連休の最終日。

息子のカンフーへ。一人ぼーっとできる時間がありがたい。

 

昨夜、「なぜおやすみなのに家族みんなで過ごせないのか」

「連休なのになんでお父さんがいないのか」寂しくて泣き出した息子。

ほんとだね。私もさみしいよ。素直な息子から学ぶことばかり。

 

トイレとお風呂に虫が大量発生中。「早く引っ越したい!」

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

おかあさん あいしてるよ

「お母さん 」

何?

「あいしてるよ」

愛してるって意味しっているの!?

「知ってるよ」


 

愛していても意見はハッキリと。


「なにその服〜!変だよ〜!」 

え?なにが変?  

「中国の人に見えるよ〜お母さんには合ってないよ〜!」

中国にいるんやからいいやん〜  

「中国にいても日本の人なんだから〜!ちゃんと考えてから買ってよ〜!」

息子にこう言われてから、タンスのこやしになった服。



「お母さんキレイだね〜ココが(背中さわさわ)」

「肌色の服、気持ちいいねぇ(お尻なでなで)」

ユニクロのセールで1,000円のワンピは息子に大好評。



  

いつまでたってもママ友付き合いに慣れない私は、テロテロワンピで今日も子ども達とオタマジャクシ探し。

 


 

「あのね、言うの恥ずかしい事があるんだ」息子、頬をピンクにしてもじもじ。

「あのね、〇くんのお家にあそびに行きたいんだ。あ〜はずかしぃ」

 そのこのママさんに連絡するね☆

  


「くさいけど、好きな虫いるんだ」

かめむし?!

「カブトムシとクワガタ。だってシャワーしてないじゃん」

ちなみに息子もシャワー嫌い。 



そんな息子の大事な宝物入れ。 

「悪い人が来てとっていっちゃうとこまるから」と毎晩寝室に持っていく。

  

最近むすこの幼稚園での話に、女の子の名前が出てくるようになった。

「今日の〇ちゃんの服はなーんだ?」

え〜ピンクのスカート?

「ぶー。黄色のスカートと、白いシャツにシマシマカーディガンでしたー!」

「〇ちゃんは かわいいよ♡かわいいけどいつも鼻が詰まってるから変な声なんだ」

洞察力すごいよね〜


 

カーテンは「眩しさをとってくれるもの」

電気は「明るくしてくれるもの 」

いろんな言葉の説明をはじめた息子。

服は「暖かくしてくれるもの」 

お母さんは「よく間違える」

ぼくは「大人っぽくて、ちょっと変わってる」

お父さんは「言うことちょっと聞かない」

 

たしかに!

  

「♪カタカナのルは〜ノとレがつながってるぅ〜

お母さん〜みみがおっきぃ〜 ぶたにくは〜オエってならないのがすきぃ〜」

息子の創作ソングがノリノリな芸術の秋。

  

初めて買った極細毛の歯ブラシ。

口の中がくすぐった過ぎる。

歯ブラシの毛先を切りそろえてみたら、毛先が鋭利過ぎて、口の中傷だらけ!!

 


雨の日。ゴミ袋をかっぱにして歩く人を発見、ズボンがゴミ袋の人も見るよ


f:id:taekota1027:20170920125308j:image


ヘルシーな中国の人たち

 

 

「上海はいつもドリアンの匂いがするな〜」

どうやらマンションの同じフロアに無類のドリアン好きがいる様。

共同のゴミ箱にはしょっちゅうドリアンの皮が。

家周辺だけやったんか、ドリアン臭

 

バスで向かいにすわるおばちゃんの手提げが"コーナン"

そういえば今私、大阪にいる気がしてきた。

 

  

地下鉄で、ドラゴンフルーツの皮を手で剥いて立食いする女性がいた。

松の実やレーズン、キュウリやトマトのたべ歩きも見る。

ちょっとした木陰や公園にはいつも気功や太極拳をする人が。

なんだかんだ中国の人は健康的。


従兄弟が杭州で蝉を食べたらしい。

それを中国人の友人に伝えると「え?!日本人食べないの?」逆にびっくりされた。

昆虫類はきっとヘルシー。



 

中国式マッサージ(按摩)へ。

"痛!"(トン)

"痛! 痛!"(トン トン)

痛しか言ってない1時間が終わった。終わったらホッとした。


 美術館へも。

入場券はまさかの現金払いのみ。

「現金持ってきてない・・・」 

遥々きたけど、残念・・・・ 

そしたら、そこのスタッフが個人的に電子マネーと現金を交換してくれた。

ありがたい〜!! 

脳みその栄養補給ができた〜。美術館の向かいは、博打するおっさんでいっぱい♪ 

  


 

中国ではコンセントやパネルが斜めや逆さについていることがよくある。

日本の「あたりまえ」は、きっと国が変われば「ハイ レベル」

f:id:taekota1027:20171004130707j:image  



腹だしマンが腹をださなくなると、秋の訪れを感じるよ。

お腹冷えちゃうもんね。

  

移転した後初めて幼稚園へ。

方向音痴のわたしには、たどり着くだけで大変。

「私も子供と一緒に幼稚園バスに乗せて欲しい!」



 

 

f:id:taekota1027:20171002071105j:image 

息子がシリに話しかけていたよう



「すごいじゃん!お母さんてすごいよ!1回忘れたことでも、思い出せるんだね!」


親育てのジーニアス。



昨日から夫は日本へ。

お留守番はやっぱりさみしい


 


たのもしい息子




朝から息子とのんびり携帯でアニメ。するとうっかりバスが来る時間ぎりぎりに!

バタバタしている場合じゃない。「あと半年後には小学生ママだよ私!」 

夫の行きつけ居酒屋のノベルティ水筒を肩から下げ、

"幼稚園楽しみ過ぎて走っちゃう〜!!"

と幼稚園バスへ駆け出す。たくましくなったな〜!



「このズボン緩すぎて嫌だ、もう捨てたい!上げても上げてもずれてくるんだよ〜」

と言いながら幼稚園から帰宅した息子。

 

どれどれ。ん ?

ボタンもチャックも全開やないか〜い

この状態でいつから・・・・


目覚ましい勢いで、体力も自信もメキメキつけてきているよ〜!


先日、自転車もついに乗れるように!

暗いなか、感動して泣いて抱き合う私たち。

雑技団の自転車こぎを鑑賞中の夫にもTELで報告!

 


お弁当の定番「炊き込みご飯」味付け担当は息子。 

最近はバリエーションが増えて、もち米、筍、カレー粉、ひじき、レーズンまで投入。



今日は美術館へ。日常の生活圏から外れるだけで、かなり気分転換になる〜♪  

 

さつまいも。

中国語で"山芋" ややこし。


初めて買ったココナッツウォーター。まず〜




「上海の空気は触ると硬いんだよ、ほら!」

と息子が手を動かす。

 

  


 

 

ひさしぶりの1人時間

 

やっと幼稚園が始まった。

誰もいないうちで過ごすのは、2カ月ぶり。

1人でうちにいるだけで、感動がこみあげてくる。


 いままで色んな場所でヨガしてきたけれど、なかでも好きだったのはお寺ヨガ。

それと同じくらい好きなのは、今自宅のベランダでしている「ベランダヨガ」

朝から最高にきもち良い〜♪


友人に付き合ってもらい、一緒にベランダヨガ。


ヨガ終わって友人と餃子屋さんへ。

「餃子に睡眠薬でも入ってたんか?」ってくらい食後はネムネム

 

 

午後から素敵すぎるお友達のおうちにお邪魔して、刺激をうけ、そのまま自宅に帰り大掃除。断捨離もしてスッキリ!



あるひフラッと入った店で、雰囲気で頼んだらやってきたのは、「大量のキクラゲ油まみれ」

4人前はありそう。

木耳とごはんをひたすら食べ続けたけど、完食出来ず。

 

 f:id:taekota1027:20170525151919j:image



  

もうすぐ中国の大型連休。夫は1人で日本へ。

「息子と2人でさみしいな〜」と上海のホテルを予約してみた。

中国語のサイトやけど、予約できた気がする。

 

外出先でエレベーターに乗っても、自分の家の階を押しがち。

 

 

 

なんかルンルンだと思ったら、マニキュアを小さな自分の爪に上手にぬっていた乙女な息子☆


「ぼく、1人でトイレ行くとき、こわいものがあるんだ・・・ 」

「あの絵・・・・」 

きみが書いてくれた私と夫の顔じゃないか!


炊飯器をつかうたびに泡の吹きこぼれがひどい。


 

 

 


 

「ママをよろしくね」

  

上海に来てすぐ、マイコプラズマ肺炎にかかった夫。 

肺炎でも飲み会にマスクして参加し続けていたらある日、

「顔、バレたらやばいんすか?」と聞かれたそう。

バレたらヤバい理由ってなに?と逆に気になる。 


そんな夫が上海にいくまえに言った。

私には「息子をよろしくね」


息子には 「ママをよろしくね」


「ぼくにはムリだよ〜〜!」泣く息子。

 

 

そして最近はこんなことを。

 

「ぼくがいる間はいつも注意してあげられるけど、いない間本当に気をつけてないとだめだよ。気をつけるのも、うーーんて力がいるんだよ」

 


 夫はとにかく不在。

「私たちが中国にいる意味ある?」ってくらい。


2ヶ月ほど前にブチギ。

気持ちをつたえたら、 しっかり受け止めてくれた。


そしてちょっとずつだけど改善しようとしてくれている。

こうして信頼が増していくんだね。

 

 

 


〜息子としりとり〜 


ごちそう

うち

血マント 


「血マント」って!!


トス

 すみ

耳掃除

"ジャンプしてやってきたら、うさぎさんが根っ子くんにあったよ"

「お、文章」

"良かったね間に合って"

"テクテク歩いて夜になったらドカーンと寝転がった彼"

"彼はそして寝たくなったみたい" 

"いくら"

"ラーメン鉢"

"ラーメン蜂てなんの虫だよ〜お母さん!もう普通のしりとりに戻してよ〜"

 

「あんたがはじめたんやないか〜い!」


 


急な雨。 水着きて歩いてる女の子がいたよ、新しい発想だよね!

 

f:id:taekota1027:20170909072711j:image 

 

"柿餅"買ってみたら、日本の干し柿だ。

でも渋が抜けきれていないのがわりと多く、口がシボシボ〜〜〜!


前をあるくおばあちゃんのポロシャツが、なぜかエネオス。