読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海 deepbreath

ご訪問ありがとうございます。友達と家族にメールを送る気持ちで書いています。

寂しがりやのその訳は

f:id:taekota1027:20170418064218j:image

昨日はガス抜きのためにAさんと幼稚園をお休みしてお出かけ

 

 f:id:taekota1027:20170418153725j:image

Aは超がつくほどの寂しがりや。

昼間でも同じ部屋にいなきゃさみしいし、テレビを見るときも歯を磨くときもいつでもどこか体に触れていたいようで、どこかがくっついている。

 

 

f:id:taekota1027:20170418153748j:image

汗ビショな季節手を離したくなる私。

離すとすぐに、手繋ごっ!という。

 

大人からみると大したことじゃないことでも、すぐにさみしい〜と涙する。

 

f:id:taekota1027:20170418153810j:image

最近ふと思ったことがある。

もしかして、この子は私の代わりに寂しがりやをやってくれてるんかな?と。

 

私は子どものころ寂しくても、寂しい!と言えなかった。

伝える、っていう発想自体がなかった。

 

長女らしくしっかりもので、大人びた子で、大好きな親に面倒をかけたくなかった。

平日が帰りが遅い分、お休みは旅行や遊びにいっぱい連れていってくれたし、両親にはいーっぱい愛情をもらっていた。

 

f:id:taekota1027:20170418153839j:image

しかし、寂しさは思春期や産後に反抗という形であわわれた。

 

そして、両親も今を必死で生きている一個人であること、どんな形であれ私を全身で愛してくれていることが分かった。

今は両親が生きているだけで嬉しいよ。

 

寂しいときは寂しい、と言うんだよ、

ってお手本見せてくれているんかな?

f:id:taekota1027:20170418153859j:image

私はいま、寂しい!と素直にiさんにも言うし、Aが寂しい〜!というときは面倒くさいながらも、なるべく対応している。

 

f:id:taekota1027:20170418153920j:image

そのことを考えながら小さな私をイメージしてヨシヨシって撫でていたら、お酒飲んで朝帰りの爆睡iさんがヨシヨシしてくれて、

びっくりしてなんだか感動した私でしたとさ。

 

 f:id:taekota1027:20170418153950j:image

料理実習かな?

店の奥で制服の子ども達みんなで餃子作りしていたよ

 

 

f:id:taekota1027:20170418064311j:image

 三得利

 

f:id:taekota1027:20170418154344j:image

おちゃまじゃくち。

何日くらいで大人になるかな?

 

 

f:id:taekota1027:20170418083113j:image

これ、干した杏子だけど食べてみると梅干しにそっくり。

南疆=新疆ウイグル自治区の南のほう

(ウイグル自治区➡︎中国の北西部で、チベットやパキスタン、モンゴルの近く)

 

f:id:taekota1027:20170419065249j:image

f:id:taekota1027:20170419065312j:image

乗る〜?乗ってみたら?

 

乗らなーい。